アイロンがけで困ってること、改善したことをご紹介します!購入したのは「蓄圧式」の霧吹きです。

さて、最近ずいぶんと暑い日が増えてまいりまして、ここでツライのがアイロンがけです。
作品作りになくてはならないアイロンがけ。

生地をカットする前に、生地全体にアイロンをかけます。
かなりの広範囲なので、とても時間がかかってしまいます。

エアコンをかけながらの作業にもかかわらず、やはりアイロン自体が熱を発していますので、かなり熱いのです。
まあ、アイロンをかけていると暑いというのは仕方のないことですが・・・(^-^;

その他に、アイロンがけで困っていることがありまして、私が使用しているアイロンが、コードレスなんです。
コードレスのアイロンって、一度熱くなっても徐々に冷えてくるので、頻繁に温め直さなくてはいけません。
接着芯を大量に張り付ける作業の時も、すぐに冷えてきてしまって時間がかかるのですよね(>_<)


しかも、中に水を入れて使用するスチーム機能がありまして、そのスチームがでる穴の部分に熱が加わらず、接着芯を張り付けていても丸く残ってしまうのです。


もちろん、接着芯はアイロンを徐々に重ねてずらしながら張り付けるので、最終的には全部くっつくのですが、やはり気になります。

そこで、私が欲しいと思っているのが、コード付きでスチーム機能がないアイロンです!

ネットで探したらそれほど高額でもなく売っているので、近々購入したいとは思っているところですが、いまいちどの機種がいいのか、何か問題点はないのか、サイズ感もイマイチ分かりづらいし、重さも分からない。
みたいな点がひっかかっていて、購入には至っていません。
早く調べて、購入したいです(*^▽^*)

一つアイロンがけで改善した点がありまして、普段使用している霧吹きです。
アイロンの機能としてのスチームは全く使わず、手でレバーを握ってプシュプシュと水を出す一般的な霧吹きを使用していました。


これが広範囲にスプレーするには非常に大変で、 手がかなり疲れて痛くなってしまうのです。最後の方には片手ではレバーを握れなくなって、両手でレバーを握るくらい疲れてしまいます。

ハンドルを握らなくてもスプレーできる霧吹きはないものかと検索したら、電池式というものもありましたが、私が購入したのがこちらの「蓄圧式」というタイプの霧吹きです。

1リットル入るので、かなりデカいです(^-^;
蓄圧式とは、上部の黒いノブを何度か押してから、ハンドル部分のレバーを軽く押すだけで連続噴霧できる仕組みです。
(よく水鉄砲でこのタイプのものがありますね)
レバーはロックできるので、押し続けなくても水が出ますが、レバーを自分の指で押していても、全く疲れることはありません。
霧状噴射とジェット噴射を切り替えることもできます。
もちろん、生地には霧状を使用します(*^^*)

あんなに疲れていた霧吹きの作業が、これでかなり楽になりました!

作品を製作途中に使う霧吹きは、今までのものを使用したほうが手軽ですね。
カット前の生地に広範囲にかけるときに、活躍してくれそうです♪





ミンネとクリーマに移動ポケットやポシェット等を多数出品しています!
よろしければ作品ページをご覧いただけると嬉しいです(*^^*)

ミンネのギャラリーはこちらからどうぞ!
クリーマのギャラリーはこちらからどうぞ!
カテゴリー: 道具・書籍 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です