あったかいファー素材の移動ポケットです♪「くまのふわふわ移動ポケット」

今日は「くまのふわふわ移動ポケット」の制作過程などをご紹介します!

前回の記事では「ねこのふわふわ移動ポケット」の制作過程の写真をご紹介しましたが、基本的には同じ作り方です(*^^*)
耳を作ってから顔の形にして、口のところの白いふわふわタオル生地を丸く縫い付けます。
その後、目玉ボタンを目と鼻の部分に縫い付けます。
口は黒の刺繍糸で手刺繍しています。
目と鼻の位置のバランスで顔の印象が全く違うものになるので、私が一番かわいい!と思うところに配置して、微調整しながら作っていきます。


リボンに関してですが、ねこのふわふわ移動ポケットもピンクリボンとブルーリボンを付けています。
ピンクリボンはねこと一緒なのですが、ブルーは違う花柄生地を使っています。

ブルーリボンはくまの茶色いファーの色と相性が悪かったので、ファーの色に合う花柄生地を探して選びました。

くまさんの好きな男の子からもご注文を頂いたことがあるので、リボンなしでもお届けできます♪

ふたのないタイプなので、ハンカチやティッシュをサッと取り出せて便利です。
シンプルなタイプのポケットが二つついています。

ファー以外の生地は綿100%のオックスという生地です。

当初、ファー生地に合うように、ジャズネップという少し起毛した生地を使っていました。秋冬の季節にはピッタリなのですが、春夏にも使いたいという方のためにコットン素材で作った作品になります。

起毛素材を使ったタイプのポケットも近々出品しようと思いますので、その時はご覧いただけると嬉しいです♪


私の作った作品はミンネとクリーマに出品しています。
よろしければ下のバナーからギャラリーをご覧いただけると嬉しいです(*^^*)

ミンネのギャラリーはこちらからどうぞ!
クリーマのギャラリーはこちらからどうぞ!

インスタグラムでは、「今日はこんな作業してます!」といった発信をしていますのでこちらからどうぞ♪
ぜひフォローお願いいたします!

カテゴリー: 移動ポケット(作品), ハンドメイド・制作過程 | コメントする

秋冬にピッタリ!ファーを使ったねこちゃんの移動ポケット完成です。

今週はこちらの「ねこのふわふわ移動ポケット」と「くまのふわふわ移動ポケット」を制作していました。
今日はねこちゃんの方を制作過程も交えて少しご紹介したいと思います(*^^*)

このポケットの何が大変かというと、ファー生地の扱いではないかと思います。
ファー生地をカットすると、カットした断面の部分から毛が抜けてきます。
この毛があちこちに舞ってしまうので、念のためマスクをして吸い込まないようにしています。
床に毛が落ちるだけでなく、もう全身が毛だらけみたいな状態になりながら、ファー生地1枚分をまとめてカットしました。
(数個分カットしてまた後でというと大変なので、カットは全部してしまいます)
一度この作業が終わると、当分したくない~!と思うくらい大変です。
掃除機とコロコロを横に置いての作業ですが、最近はずいぶん慣れてきました(^-^;

耳を先に作り、(裏側はコットン生地を使っています)丸い顔部分に縫い付けて猫の形にしていきます。
耳の角度が大事で、なるべくピンと上を向くように気を付けています。
以前はよく横に傾いてしまって、何度もやり直しになりましたが、ようやくコツが分かるようになりました♪

口のところの白い部分はタオル生地を使っています。
市販のタオル生地ではありますが、これもあちこちといろんなお店を回って手触りを確認しながら探したものです。

ファー生地は毛並みがあるので、タオル生地を縫い付ける時にどんどん毛並みに沿ってずれてきてしまうのが難しいところなんですよね。
位置を何度も直しながら縫い付けていきます。

鼻と口の下書きをしてから、目玉ボタンを縫い付けます。
この目の位置が非常に難しく、重要な作業になります。
少しでも目が離れたり、もしくは近すぎたり、上下の位置がずれると、途端に可愛くなくなってしまうのです!
どの位置が可愛いかというのは全て私の感覚というか好みになってしまうのですが(笑)

今回は3匹分の刺繍をしました♪
鼻はピンク色、口とひげは黒い刺繍糸で刺繍します。
タオル地に刺繍するので、普通の生地とはまた違ったコツがいります。
タオル地に線が埋もれないように気を付けながら刺繍しています。

あとは猫の顔のパーツがちょうど真ん中にくるように調整しながら、ポケットの形に仕上げていきます。
失敗すると顔のパーツが左右にずれてしまいますし、顔の形も均等になりません。
この工程に慣れるのにも、かなり時間がかかりました(^_^;)
でも、ここまできて自分の思った通りのねこちゃんの顔に仕上がった時は本当に嬉しくて、かなりの達成感を感じることができます。

リボンはピンクの花柄と、ブルーの花柄を用意しています。
注文時に選んでいただいて、ご注文いただいてから縫い付けようと思っています。
(リボンなしをご希望の方にはなしでお届けします)

ねこが大好きな女の子に、(もちろん男の子にも!)幼稚園や保育園、小学校などに一緒に連れて行ってもらえると嬉しいなあなんて思っています(*^▽^*)
また、一緒にお出かけするのがワクワクしてくるような、そんなポケットになれたら最高に嬉しいです!

ふたのないデザインなので、ハンカチ等サッと取り出せるようになっています♪
今回はファー生地以外の生地をコットン生地(オックス)で作っています。

近々このコットン生地をジャズネップという少し起毛したような生地でも制作予定です。
よりファーに合う、冬らしい雰囲気になりますが、コットン生地の方は秋冬以外でも使いやすい生地になっています。
春夏にも使いたい!という方はこのコットンタイプをオススメします(*^▽^*)


最近、インスタグラムで「リール」という機能で動画を載せることができる機能を発見しました。
それをブログの方にも貼り付けることができるようなので、試しに貼り付けてみました。
このブログの画面で見れるわけではなく、インスタに移動してしまうのかな?
上手く見れなかったらごめんなさい~(^-^;

インスタグラムはなるべく毎日更新したいな~と思っているので、よろしければフォローしていただけると嬉しいです♪
megumiインスタグラム


今日ご紹介した「ねこのふわふわ移動ポケット」はミンネとクリーマ、そして最近メルカリにも出品しています。よろしければ下のバナーからギャラリーをご覧くださいませ!

ミンネのギャラリーはこちらからどうぞ!
クリーマのギャラリーはこちらからどうぞ!

メルカリはこちら→https://www.mercari.com/jp/u/382396240/

カテゴリー: 移動ポケット(作品), ハンドメイド・制作過程 | コメントする

移動ポケットに刺しゅうでお花を咲かせました♪

先日、こちらのお花の刺繍の移動ポケットをご購入いただきました(*^▽^*)
気に入っていただけて、もう一つ同じポケットのオーダーをいただきまして、喜んでお作りいたしました。

刺繍の作品は実物を見ていただけると、その良さを感じていただけると思います。
ただ、私の撮影の技術がイマイチなせいもあり、なかなか写真で上手く伝えることができないんですよね(^-^;

今回、刺繍をしながら撮影も少ししていたので、ご紹介してみますね♪

私はいつも、この白いお花から刺繍を始めます。
このお花の緑の葉っぱの部分が、このお花の刺繍で一番好きな部分です(*^^*)
他のお花との強弱をつけるために、3本どり(太めになるように)で葉っぱを刺しています。

続いてこちらの水色のお花を刺繍します。
こちらの葉っぱは2本どりで刺しています。

緑色の葉っぱと黄緑色の葉っぱがあるので、まずは緑色の葉っぱのお花からまとめて刺繍します。

今度はオレンジ色のお花です。

お花の色に関しては、花柄生地の色合いに合うように考えて決めています。

続いて、黄緑色の茎にピンクのお花の刺繍です。

ピンクのお花が5つありますが、生地の裏側で糸がつながっていると、あまりよくないので、一つのお花ごとに糸をとめてカットし、裏側でつながらないようにしています。

最後に左右の黄緑色の草を刺繍して完成です!

お花は動きが出るように、またやわらかい雰囲気になるように、どのお花も丸くカーブした形にデザインしました。

刺繍の作品というのは、とても手間と時間がかかってしまうものです。
なかなか頻繁に作ることができないのですが、オーダーいただけましたら喜んでお作りしますので、ミンネやクリーマの私のギャラリーからお問い合わせくださいませ!
(下のバナーからギャラリーを見ることができます(*^^*))

ミンネのギャラリーはこちらからどうぞ!
クリーマのギャラリーはこちらからどうぞ!

イエロー、ブルー、ピンクの色違いもあります(*^▽^*)
入園祝いや入学祝いに選んでいただくことも多いです♪

お花の刺繍 移動ポケット ピンク

最近、インスタグラムを頻繁に更新するようにしています(*^▽^*)
今日はこんな作業してますよ~!などご紹介していますので、ぜひフォローしてみてくださいませ!
megumiインスタグラム

カテゴリー: 移動ポケット(作品), ハンドメイド・制作過程 | コメントする

メルカリにハンドメイド作品を出品してみました!「ミンネ・クリーマ」と「メルカリ」の違いは?

私は普段、ハンドメイド販売サイトのミンネとクリーマに作品を出品しています。
最近は一つの作品を作る時に多めに作ることが増えてきました。
せっかくなので、他の場所でも販売できたらいいなあと思うようになりました。

メルカリで販売しようと思ったきっかけ

メルカリで販売してみようかな?と思ったのは、私が個人的にメルカリで不用品を売却して、ポイントがたまってきたことがきっかけです。
不用品売却でもらったポイントは、よくメルカリで書籍を購入することにあてていましたが、私がメルペイを普段使わないこともあって、まだ余っていました。

もしかして、ポイントがあるからここからメルカリでお買い物をしたいと思っている方が、他にもいらっしゃるのかな?と思ったのです。

でも、メルカリでハンドメイド作品を販売するにあたり、違いやデメリットってあるのかなと考えてみました。
今回実際にメルカリに出品した経験をふまえて、違いをまとめてみます。

ミンネ・クリーマとメルカリとの違い

一番の違いは、ミンネ・クリーマは新品のハンドメイド作品のみが販売されているのに対し、メルカリは中古品なども一緒に販売されているフリマサイトだということです。
メルカリでは値下げ交渉されることもよくありますので、そういった対応もしなくてはいけないかもしれません。


今回出品時に迷ったのは、「カテゴリー」の選択です。
私の作品はミンネでは「ベビー・キッズ」の中の「移動ポケット」や「ファッション小物」を選択しています。
そもそもすべてがハンドメイド作品なので、作品自体が何なのかに合わせて選べばいいので迷うことはありません。
でも、メルカリでは「ベビー・キッズ」カテゴリーもあるし「ハンドメイド」カテゴリーもあります。

最初、メルカリでわざわざハンドメイド品が買いたくて検索する方というのは少ないと思い、私は「ベビー・キッズ」カテゴリーに出品しました。

でも少しネットで調べたところ、ハンドメイド品は「ハンドメイド」カテゴリーに出品して欲しいという声があることがわかり、後で「ハンドメイド」カテゴリーに変更しました。

最初は販売者目線で考えてしまい、よりお客様の目に入りやすいカテゴリーという理由で選んでしまいました。でもお客様目線で考えると確かにそうだなと。
既製品は「ベビー・キッズ」カテゴリ-に、ハンドメイド品は「ハンドメイド」カテゴリーにというのが紛らわしくないですよね。

私は普段、ミンネとクリーマで、ハンドメイド品が好きで買ってくださるお客様とのお取引ばかりしています。
でも、ハンドメイド品よりも既製品の方がいいというお客様もたくさんいるのだということを改めて感じたのでした。(ちょっと複雑ですけどね(^-^;)
メルカリ既製品とハンドメイド品が一緒に販売されているということ、ここが一番の違いであり、注意点かもしれません。



もう一つ、メルカリは購入されるとその作品のページが残ることはなく、同じ作品を再出品する場合はもう一度ページを用意しなくてはいけないということです。

ミンネ・クリーマは最初に作品ページを作り、販売後に再出品する場合は数量を変更するだけですぐに出品することができます。
メルカリは再度、出品画面から写真を用意して文章を記入する必要がありますね。


ちなみに、販売手数料はそれほど違いはありません。
(ミンネ9.6%、クリーマ10%、メルカリ10%)

実際に出品してみました!

昨日の夕方ですが、家にある在庫を確認して、余裕のあるものをメルカリに出品してみました。
あれこれと考えるよりも、実際にやってみなくてはメリットもデメリットも分かりませんよね(*^_^*)

全部で移動ポケットを10点出品しました。

私のメルカリの出品ページはこちらです♪
https://www.mercari.com/jp/u/382396240/


嬉しいことに、早速翌日の朝に1点お買い上げいただくことができました~(*^▽^*)
ありがとうございます!

こちらの「レースとリボンの移動ポケット」のウエストベルトタイプのポケットです。
価格はミンネやクリーマと同じですが、メルカリは送料込みの価格(定形外郵便)で表示してあります。

ちなみに、複数の販売サイトで同じ作品を販売する場合、私は全てのサイト用に在庫を用意しています。
「別なサイトでも販売しているので、在庫がない場合もあります」といった注意書きを書いて出品する方法も考えましたが、私がお客様だとしたら、ちょっと嫌だなと思うのです。
せっかく私の作品を気に入って選んでいただけたのに、「在庫がありません、申し訳ありません」なんて、ガッカリですよね。

一つ方法としては、「受注生産」として出品するのもアリかなとは思っています。
常に複数のサイト分の在庫を用意するのは難しいですからね。
「在庫なし」の状態よりは、お客様の目にとまりやすいかもしれません。
今後検討していきたいです(*^^*)


メルカリでの販売については、今のところ試験的にやっているものなので、今後どうしていくかはこれから考えていきます。
これから気づいた点などありましたら、またご紹介していきたいです。



ミンネ、クリーマで移動ポケットやポシェットなどを出品しています。
市販品にはないようなデザインのものや、ウエストゴムのベルトタイプなど多数販売していますので、下のバナーからご覧いただけると嬉しいです♪

ミンネのギャラリーはこちらからどうぞ!
クリーマのギャラリーはこちらからどうぞ!

メルカリの販売ページ → こちら

カテゴリー: 未分類 | コメントする

そろそろ秋冬の作品を制作しよう!今日買ったものもご紹介♪

本日、完成した作品を先にご紹介します(*^^*)

「ちょうちょと花柄の移動ポケット」のピンク色です。
在庫切れしていたのですが、お客様より再販のご依頼をいただきました(*^▽^*)
ありがとうございます!

今回、ウエストベルトについてちょっと変更する点があります。

通常、ウエストサイズについて、ゴムが一番短く縮んだ状態が55センチになるように制作しています。
これを、作品によっては60センチで制作するように変更しようと思っています。
(これから新しく制作するものから)

ウエストサイズ55センチというのは、幼稚園や保育園に通うくらい~小学校低学年のお子様を想定して決めたものです。
しかし最近、よく60センチに変更して欲しいというご要望をいただくことが増えてきました。小学校中学年以降の女の子にも使っていただいているようで、とても嬉しいです(*^_^*)

ウエストベルトは、長さを調整できるように穴を開けているため、大きかった場合は短くすることが可能です。
ただ、逆に短い場合は増やすことはできません。(できないこともないですが、非常に難しいです(^_^;))
冬になると厚着にもなるので、かなりウエストサイズは大きくなってしまいます。

なので、女の子向けのデザインで大人っぽい雰囲気のデザインのものは、60センチで作ってみようかなと考えています。
作品ページにはしっかりと表示するようにいたします!



さて、本日購入した生地などについて、ちょっとご紹介します♪

こちらは、先日「トーカイ」で買うことができなかった黒とベージュの生地を、「パンドラハウス」に行って購入してきました。
ホワイトのアイロンマーカーの替えも発見したのでラッキーでした。(最近売ってないんですよね~)

でも、一番の目的の、ファーの生地を買うことができませんでした(>_<)
ファーの生地は「パンドラハウス」で毎年同じものが発売するので、今年も購入しようと思っていました。
でも、今年はプードルファーや羊っぽいくるくるした毛並みのファーはあっても、いつも買っていた毛足の短いラビットボアみたいなのが売ってなかったのです。

今年もこの、ねこやくまのふわふわ移動ポケットをそろそろ制作しようと思っています。
夏にはちょっとファー素材のポケットは暑苦しいかな?と思って制作を止めていました。
ファーの在庫はまだあるのですが、補充しておきたかったのです。

仕方がないので、また「トーカイ」へ行って、ファーを探してきました。
ここになかったら、あとはネットで探すことになるわけですが・・・。
ただでさえ難しいネットでの生地購入なのに、ファーをネットで買うなんて、難しいにもほどがありますよね。

そこで、なんとかこちらのグレーとブラウンのファーを購入できました(*^▽^*)
毛足が長いファーだと、目玉ボタンが埋もれてしまったり、かなり扱いにくくなってしまうので、ちょうどいい毛足の長さのものがあってよかったです♪

ファーが変わると作品の雰囲気もちょっと変わってしまうので、その都度写真は撮り直して掲載していきます。


現在オーダーいただいている作品がもう1点ありますので、そちらが終わったら、ファーの作品の制作に入る予定ですので、よろしくお願いします!
私の作品はミンネとクリーマに出品しています。
下のバナーからご覧いただけると嬉しいです♪

ミンネのギャラリーはこちらからどうぞ!
クリーマのギャラリーはこちらからどうぞ!

カテゴリー: ハンドメイド・制作過程, 未分類 | コメントする

「私が何者なのか、分かりやすく表示したい!」ブログのヘッダー画像(一番上の写真)を変更しました。

私のブログを見てくださっている方のほとんどは、恐らくスマートフォンを使っているのかな?と思います。
スマホ用の画面はとてもシンプルになっていて、一番上の方に写真などは表示されていません。
しかし、パソコン用の画面はヘッダー画像と呼ばれる画像を表示させることができます。

今まではこのような、私の作品を並べた画像を設定していました。
こんな作品を作っていますよ~♪というのを分かりやすく見せたいと思って作りました。

ただ、これだといまいち私が何をしている人なのか分かりにくいような気がします。
この写真の作品が「移動ポケット」だということも、伝わりにくそうです。
写真の中の作品のいくつかは、生地の模様やレースが変更になっているものもあるので、そのことも気になっていました。

そこで、ヘッダー画像に文字を入れて、移動ポケットやポーチを制作販売していることを分かりやすく表示したいと考えました。

今回作ったのがこちらの4種類の画像です。
いくつかの画像をランダムに表示できる機能を見つけたので、せっかくなのでたくさん作ってみました(*^▽^*)

スマホでご覧の方も、ページの一番下までいくと「フルサイズ表示」という文字がありますので、そこからパソコン用の画面に切り替えられます。
よろしければご覧くださいませ。
個人的にはパソコン用の画面の方が、右側にカテゴリーとか表示されてて、見やすいと思うんですよね。
文字が小さくなってしまいますが・・・。




作品をミンネとクリーマに出品していますので、下のバナーからご覧いただけると嬉しいです♪

ミンネのギャラリーはこちらからどうぞ!
クリーマのギャラリーはこちらからどうぞ!

カテゴリー: 未分類 | コメントする

男の子にこそ、ウエストベルトタイプをおすすめしたい!男の子向けの移動ポケットが完成しました♪

先日、お客様より「男の子向けウエストゴムタイプの移動ポケットが欲しいのですが・・・」とのご依頼がありました。

以前にも私の作品をご購入いただいていたのですが、違うデザインで男の子向けのものがなかったのです(^_^;)
女の子向けのウエストゴムのポケットは、私のギャラリーでも多く販売しています。
でも以前から「男の子向けのデザインをもっと増やして欲しい」というご要望をちらほらいただいておりました。

ウエストベルト付きの移動ポケットは、女の子がワンピースを着る時にクリップタイプで取り付けるのが難しく、ご購入いただくことがとても多いです。
でも、私がよく思うのは、未就学児くらいの男の子にぜひウエストベルトタイプのポケットをオススメしたいのです。

男の子がクリップタイプでズボンに移動ポケットを取り付けると、トップスが上にかぶさってハンカチの出し入れがしにくくなります。(女の子はトップスをインにしても可愛いんですけどね~)
また、トイレに行ってズボンを下すと、床にポケットが付いて汚れてしまう可能性が高いです。

そこで、こんなふうにトップスの上からウエストベルトタイプのポケットを装着してみましょう!
正直、親から見ると「・・・ちょっとダサい・・・?」と心配になります(笑)
でも、子供自身は何とも思ってませんし、何よりとても便利です。

トイレに行ってもこのウエストの位置から動きませんし、ハンカチの出し入れがスムーズです。
クリップタイプはまだ小さなお子様には装着が難しいこともありますが、ウエストゴムタイプは一人で付けたり外したりできます。


そんなわけで、男の子向けのポケットをぜひ制作したい!と思いまして、過去に販売していたポケットの写真や手持ちの生地をお見せしてご提案させていただきました。
その中から2点、オーダーをいただきましたので、ご紹介いたします。

まずこちらのポケットですが、ミンネで以前販売していたデザインのポケットを制作しました。

スマイル柄の生地は、可愛いのにシンプルでスタイリッシュな雰囲気がとても気に入って購入したものです。
別布にはヒッコリーストライプの生地を合わせました。
この生地はとても汚れがめだたなそうで、しかもとても丈夫そうな生地なんですよね!
母親の立場からしてもこの生地いいわ~!とつい思ってしまいました(笑)

ただ、このストライプの生地が全部で3個分しか在庫がなく、しかもウエストベルトのしましまの向きがどうしても統一することができず、ベルトが縦じまの作品と横じまの作品ができあがりました(^_^;)

オーダー分1個、ミンネに1個、クリーマに1個、出品しました。
ベルトのしましまが縦じまの方がお好みの方はぜひミンネのギャラリーへ、横じまがお好みの方はクリーマのギャラリーへどうぞ♪
写真はそれぞれの作品で撮影して掲載してあります。
(下のバナーからギャラリーが見れます(*^^*))

ミンネのギャラリーはこちらからどうぞ!
クリーマのギャラリーはこちらからどうぞ!

続いて、こちらは今まで作ったことのないデザインになりますが、シンプルな星柄生地を使ったポケットです。

この星柄生地は、ふたなしタイプのデザインで出品しているものですが、ふたありタイプでウエストベルト付きのデザインとしてお作りしました。

当初タグをつける予定はなかったのですが、あまりにシンプルすぎたので「タグをつけるのはどうでしょうか?」とお客様にご了承をいただいてお付けしました。
タグってあるとないとではかなり印象が違いますよね~(*^^*)
途端にかっこよくなるからすごいなーと思います。
今回も付けてよかった!という感じです。

ポケットの色合いは紺色と白のみなので、とてもシンプルで、どんな服装にも合わせやすそうなポケットに仕上がりました!

こちらのポケットもミンネとクリーマに出品しましたので、ぜひご覧いただけると嬉しいです。

カテゴリー: 移動ポケット(作品), 移動ポケットについて | コメントする

「イージーターン」でループの裏返しとゴム通しをしました!ゴム通しは悩み解決の1品でした(*^▽^*)

前回の記事では、「イージーターン」というループ状(筒状)の生地を裏返すための道具をご紹介しました。
高い道具には理由がある! トーカイで「方眼定規」と「イージーターン」などいろいろ買ってきました♪

今回はこちらの移動ポケットを制作して、ウエストベルトの筒状の生地を裏返す作業を実際にしてみました。

またゴム通しとしての機能もあったので、普段ちょっと不便に思っていたゴム通しの代わりに使用してみたら、その悩みが解決した!という感想をご紹介します(*^^*)

「イージーターン」で筒状の生地を裏返してみよう!

ウエストベルトは8センチ×約80センチの生地を半分に折って、布端を縫い代5ミリでミシンをかけ、筒状にしたものを裏返します。
いつもは筒に指を入れて、一生懸命裏返していました。

それでは、イージータンを使って、ループを裏返していきます!

二種類あるイージーターンの太い方を使います。
このように、クリップを挟み、筒の中に押し込んでいきます。

このように織り込むように押し込みます。
無理やり押し込んでも上手く入っていかないので、最初は指で折り目を付ける感じで入れるとスムーズでした。

中に押し込んでいくと、生地がくしゃくしゃっとなってきました。
無理やりイージーターンを押し込んでも上手く入っていきません(>_<)

恐らく、このベルトは2枚の生地を縫い合わせて80センチの長さにしているため、(ゴム調整の穴を開けるため)その縫い目がゴロゴロして裏返りにくいようです。

クリップが外れないように気を付けながら、くしゃっとなった生地をずらして慎重に裏返していきます。

なんとか出口まで到着しました~。

一度、筒の中でクリップのところが外れてしまい、やり直しというはめになりました(^-^;

でも、ここまでくれば、あとはシューーっと引っ張ったら簡単に裏返すことができました。


どれくらい時間短縮できるのかな?と思い、時間を測ってみました。

手で裏返した場合 1分35秒

イージーターン使用 1分20秒

・・・あんまり変わらなかったです(笑)

手が疲れないという利点はありましたが、クリップが外れないように気を使ったり、途中で外れるとまた手間取ったりしてしまいますね(^-^;

「イージーターン」でゴムを通してみよう!

裏返す機能としては劇的に便利になったという感覚はありませんでしたが、「イージーターン」にはゴム(ひも)通しとしての機能もあります。
裏返す作業と同時にひもを通すこともできるようです。

私の作るウエストベルトはゴムを2本通す仕様ですので、生地を裏返した後で中央にミシンをかけ、2本のゴムを通していきます。

今までは、このようなゴム通しを使用していました。
これがちょっと困ったところがありまして・・・。

外れやすいということは全くないのですが、通している最中に筒の中でくるっと回転しやすい特徴があります。
気を付けて通しても、出口から出てくるとよく半回転していることがあります。
ゴム通し本体が細く、横から見ると厚みがあって生地の中で倒れてしまうので、同じ向きを保ちながら通すことがとても難しいのです。

ベルトの中でゴムが回転していると、ちょっとだけゴロっとした手触りがあり、私はどうしても気になってしまいます。
この場合は仕方なく、引き抜いてもう一度やり直しです。

この通している最中の緊張感と、やり直す時の時間の無駄をどうにかしたいと思っていました。

では、イージーターンを使ってゴムを通していきます。

イージーターンのクリップの下のあたりに穴があいているので、そこにゴムを通します。
え?これだけでゴムが途中で抜けないの?と心配になりましたが、 穴の下に向かって細くなっているせいか、抜けることはありません。

イージーターン本体は横幅があり、かつ厚みがなくて薄っぺらいので、ベルトの生地の中でとても安定感があります。

回転しないように気を付ける必要がないというのは、こんなにやりやすいものなのか!と感激してしまいました(*^▽^*)

ベルトの色は変わりますが・・・。

少しやりにくいというところを上げるとすると、ゴムを2本通すにあたって、最初の1本目はとてもスムーズにできます。

ただ、1本通すとこんなふうにくしゃくしゃになるため、2本目を通すのがちょっと難しいのです。

一般的なひも通しよりもずいぶん長さがあるので、ぐにゃぐにゃしているところはすんなり通ってくれません(^-^;

まあ、通らないということでもありませんし、中でくるくる回転してしまうという悩みに比べたらなんてことはありません。

(もしかしたら、ズボンのゴム通しなどにはちょっと適さないかもしれませんね~)

何はともあれ、「中で回転してしまう」という私のゴム通しの悩みが一つ解消された瞬間でした!

こんなにたくさんのベルトもかなり時間短縮して通すことができました♪

道具というのは実際に使ってみなくては分からないので、便利そうだなと思ったものは積極的に試してみたいですね(*^^*)

ちょっとした不便なことも、こんなものだからと思い込まないで、もっとよい方法がないか調べてみるのもいいかもしれません。

ミンネのギャラリーはこちらからどうぞ!
クリーマのギャラリーはこちらからどうぞ!
カテゴリー: 道具・書籍 | コメントする

高い道具には理由がある! トーカイで「方眼定規」と「イージーターン」などいろいろ買ってきました♪

先日、トーカイの20%オフのクーポンがあったので、生地や道具などを買いに行きました。
無地の生地と接着芯をまとめ買い♪

他にもベージュと黒の生地が欲しかったのですが、在庫を切らしていました。
まだ手芸用品って品薄状態が続いているのでしょうか・・・(>_<)


生地の他に、道具類も数点購入しました。

クロバーの「方眼定規」について

定規はずっと新しいものが欲しくて、ネットだと送料もかかるので、ちょうどいい機会で購入できてよかったです♪
ちょっと値段が高いのですが、クロバーの方眼定規です。
価格は990円でした。(ここから20%オフでした)

私は今まで、写真の下にある20センチのダイソーの定規を使っていました。
他にも長い線を引くために同じくダイソーの50センチの定規も持っていますが、長すぎて使いにくいので、基本的には20センチを使っています。

私はよく25センチとか26センチで印をつける機会があって、20センチだと一度そこに点をうってからさらに5センチとか測って印をつけていました。
またその後に12センチ、12センチと続けて測るのですが、これが30センチ定規なら一度に作業が済んでしまいます。

そこで30センチ定規を購入しようとしましたが、またここで100均の定規を買ってしまっていいものかと迷いました。
安いのはいいのですが、ちょっとかゆいところに手が届かないというか、微妙に使いにくいのです。

そこで少しネットで調べたら、とても人気のあるこのクロバーの方眼定規が目にとまりました。高くても売れるのにはきっと理由があるはずです。
この先長く制作活動を続けて行きたいので、小さなストレスを感じなくていいように、一度いい道具を使って使いやすさを確かめてみたくなりました(*^▽^*)

さて、このクロバーの方眼定規ですが、メモリが両側にあり、片方のメモリに謎の緑の色がついています。
使ってみるまでは理由が分からなかったのですが、こんな感じの柄の生地や濃い色の生地の上でも見やすくなっていたのですね。
今までは黒い生地に線を引く時も、見にくくて当たり前というか、そういうものだと思って作業していました。

また、メモリが端から始まっているのもとても使いやすいです。

縫い代の印を付ける時、私は1センチだけでなく、1.1センチや1.2センチもよく使うので、この細かいメモリが平行線を引くのにとてもいいです。

もう一つ、この定規はとても柔らかくて、薄くできているので、少ししなります。
このことがはたしていいことなのかどうか判断が付かないでいたのですが、個人的には印を付けながらずらしたりするには、比較的持ちやすいような気がします。
20センチ定規だと硬くても問題なかったのですが、30センチになると長いので、硬いと扱いが難しくなると思います。
(私の持っている硬いダイソーの50センチの定規は更に扱いづらいです)
曲線も測れるとはいいますが、このしなりを使って測ることはあんまりないかな~とは思いました。

まだ数日しか使っていませんが、これからも活躍してくれると思います(*^▽^*)
買ってよかった!と思える道具でした。

クロバーの「イージーターン」について

続いて、これは全く購入する予定ではなかったものですが、定規を探していた時に目に入り、「こんな道具があったの!?」とびっくりして手に取った道具になります。

クロバーの「イージーターン」という商品で、簡単にループを表に返すための道具です。
価格は770円。
まあまあいい値段しますね(笑)

私はウエストベルトのついた移動ポケットをよく作ります。
細く長~い筒状に縫ったベルトを根気よくひっくり返すのですが、慣れてきたとはいえ、けっこう時間がかかってしまう作業になりますし、指も疲れます。
その作業に使えるのではないか?と思い、衝動買いしてしまいました。
後からよく見たら、ひもも通せるみたいなので、ゴムを通すのにも使えそうですね。
(中でゴムがねじれないように気を付けているので、ねじれやすいようなら使えないですが(^-^;)

本来の目的であるウエストベルトの裏返しにはまだ使っていませんが、その前に小さなリボンを作る機会がありました。
この小さくて細いリボンを裏返すのも今までけっこう苦労していました。
ある程度大きなリボンだと指が入りやすいので簡単なんですけど、細いと指が入らなくてなかなか裏返すことができません。

幅が約2センチの細い筒状なので、これをひっくり返すにはけっこう時間がかかります。
今回はこの作業に使ってみようと思います。

細い方のイージーターンを使って、先のクリップに生地を挟みます。

ググっと中の方に押し込んでいきます。
折り込む感じになるので、最初はスッと入るわけではありませんが、慣れるとコツがわかる感じでした。

更に押し込むと、だんだん表に返ってきました。
最後はちょっと手前に戻すとクリップが外れます。

数をこなすうちにコツが分かってきて、普段よりもずいぶん素早く裏返すことができました!

太い方のイージーターンは幅2.5センチ以上のループを返すタイプで、細い方は幅1.5センチ以上のループを返すタイプです。

このリボンは、こちらの移動ポケットの飾りの小さなリボンになりました♪
大人っぽい雰囲気にしたかったので、リボンは小さめで作りたかったのです。

イージーターンは次回、ウエストベルト付きの移動ポケットを作る時に、使ってみるのが楽しみです。

こんな感じのベルトで、ゴムを通す前のベルトの長さは80センチくらいあって、イージーターンは20センチくらい。
もしかしてベルトの中まで入ってしまったら、その先はスムーズに入っていかないのかも?なんて心配していますが、まずはやってみることにします♪

後ほど、上手に表に返せたのか、ご紹介したいと思います!




ミンネとクリーマに移動ポケットやポシェットを多数出品しています。
市販にはないデザインやウエストベルトタイプなどありますので、よろしければ下のバナーより作品ページをご覧いただけると嬉しいです♪

ミンネのギャラリーはこちらからどうぞ!
クリーマのギャラリーはこちらからどうぞ!
カテゴリー: 道具・書籍 | コメントする

シンプルな「樹脂ファスナー」と高級感のある「金属ファスナー」

本日、ミンネとクリーマにこちらの「【ファスナー付き】大人可愛い移動ポケット」の黒チェック柄を出品しました!
よろしければ下のバナーより作品ページをご覧いただけると嬉しいです♪

ミンネのギャラリーはこちらからどうぞ!
クリーマのギャラリーはこちらからどうぞ!




今回、ファスナーを少し違うタイプに変更しています。
以前までの作品がこちらです。

黒チェックと赤チェックでファスナーの種類が違っています。
赤チェックの方はゴールドの金属ファスナーで、持つところに玉がついたタイプです。
しかし、黒チェックは金属ではなく樹脂ファスナーで玉つきファスナーではありません。
これは私個人の好みなのですが、あえてこのように違うファスナーを選んでいます。

ファスナーにはいろいろなタイプがありますが、私は上の写真でいうと真ん中の金属ファスナーが大好きです♪
高級感もあり、持つところに玉がついているので、小さなお子様でもつかみやすいので、とても引っ張りやすくなります。
(金属ファスナーでも玉付きではないものももちろんあります)

私が作品に使用するファスナーはだいたいこの金属タイプで玉付きタイプにしているのですが、どうも、黒いファスナーに関しては金属タイプが好きではありません(^-^;

これは縫い付けていないので、イメージが伝わればと思って並べているだけの写真になりますが、この金属部分が「高級感」というよりもどうも下品な感じがしてしまうのです。
恐らく、私個人の単なる好みによるものと思います。

また、このチェック柄の生地に合わせることで「ごちゃっとした感じ」がしてしまい、これならシンプルな黒だけのファスナーの方がこのポケットには絶対合う!と感じるのです。ファスナーのラインが、すっきりとしたアクセントになりますよね♪

玉付きの持ちやすさは捨てがたいところがありますが、恐らくファスナー付きのポケットを使っていただけるお子様は小学生以上が多いかな?という印象があります。
小学2年生の娘は問題なく開けられましたので、デザインの方を優先しました。

赤いファスナーに関しては、黒ほど下品な感じがしなかったので、金属ファスナーの方を選んでいます。
でも、やっぱり多少の「ごちゃっとした感じ」が出てしまっているのが気になっていました。

ちなみに、このファスナーは近所の手芸店に並んでいる商品の中から選んで購入しています。



そんな中、ネットで資材の注文をしようと検索していたところ、金属ファスナーではないけれど、持つところに玉がついたタイプのファスナーを発見しました!

先ほどと同じ写真になりますが、この写真の一番下のファスナーになります。
シンプルな樹脂ファスナーでありながら、玉付きファスナーなんですよ!!
「え!なに、こんなファスナーあるの!?」とかなり興奮してしまいましたが、あまりに嬉しくて早速、黒と赤の2種類購入しました~(*^▽^*)

今回はとりあえず黒チェックで黒ファスナーのタイプを作ってみました。
ファスナーの滑り具合も問題なく、やっぱり玉付きは引っ張りやすいな~と嬉しくてニヤニヤしています(笑)

赤チェックのポケットの方も今は全て売り切れの状態なので、次に作る時はこのシンプルな樹脂ファスナー(玉付き)タイプで作りたいと思います!


カテゴリー: 移動ポケット(作品), ハンドメイド・制作過程 | コメントする