ミシン糸【シャッペスパン】見本帳(サンプル帳)を購入しました!

先日、ミシン糸のシャッペスパンの色見本帳を購入しました!

「あったら便利だろうなあ・・・」
「欲しいけど本当に必要かなあ?」

と思いつつも、どうしてもなくては困るというものでもなかったので、今まで購入には至っていませんでした。

というのも、私がよく行く近所の手芸用品店「トーカイ」においてあるミシン糸はシャッペスパンではなく、メーカーや色番号も違うものなんです。

ところが、最近このトーカイさん含め、近くの手芸店が立て続けに2店舗も閉店してしまったのです~~~(>_<)
趣味でハンドメイドをする人が減っているのでしょうか。
いやもう、ほんと困るから勘弁して!!
なんて思っても仕方ありません・・・。


店舗に手持ちの生地を持って行って、ミシン糸と色合わせをすることができなくなったため、これからは、なるべくネットで購入していく方法に変えなくてはいけません。

ネットでミシン糸を検索すると、出てくるのは「シャッペスパン」ばかり。
これはいよいよ「色見本帳」(サンプル帳)が必要になってしまいました。

家にあるミシン糸は「トーカイ」で購入したシャッペスパンではないものなので、その糸と同じ色を購入するためにも、色見本帳が活躍しそうです。


表紙をめくると、左側にカラフルな糸の束が並んでいます。
なるほど、左右の見開きではなくて、3ページになっているんですね~。

綺麗な色がこんなふうに並んでいると、無条件にドキドキワクワクしてしまいますね!!
疲れた時に意味もなくこの色見本帳開くと元気がでてきそうな気がします(笑)

同じ青でも緑っぽい青、赤味のある青、グレーがかった青、いろいろあってときめきます。
ベージュとグレーにいたっては、ほんのわずかな色の違いなので見ていてつい笑ってしまほどです(^O^)

シャッペスパンには種類があって、厚地用(#30)、普通地用(#60)、薄地用(#90)、手縫用とあり、ボビンの色もそれぞれ違います。

全ての種類に全ての色が用意されていると思いきや、〇がついている番号のものしか存在しないということでしょうか。
私は普通地用のみ使用しています。

糸の色選びの方法まで書いてあって、とても親切です!
濃い色の布地にはやや濃いめの糸を選んで、薄い色の布地には薄めの糸を選ぶのがいいんですね。勉強になります。
同じ色の糸を選んだつもりなのに、少し糸の色が浮いて見えることってあるんですよね~。
そうそう柄物の布の糸を選ぶの、ちょっと迷うんですよね(^▽^;)

あと、今までは生地の切れ端をお店に持参して、棚に並んでいるミシン糸を生地に重ねて糸を選んでいました。
ミシン糸は透明なビニール(?)で包まれているので、反射して色が見にくかったんです。
この見本帳があれば、実際に糸と布を重ねて選ぶことができて、とても選びやすかったです。

これからは、自宅で手持ちの生地と合わせて糸を選ぶことができるので、とても便利です♪
ミシン糸は送料がけっこうかかるので、なるべくまとめ買いしてお得に購入したいですね。

ちなみに、この見本帳は2500円(送料別)で購入しましたが、今見たら3000円くらいに値上がりしていました。
たまたま値下げしていた時に購入できたようでラッキーでした(^O^)


私の公式ショップ「アトリエmegumi」と販売サイトの「クリーマ」で、主に子ども用の移動ポケットやポーチ、ポシェットなどを販売しています。
下のバナーから、ぜひお気軽にご覧いただけると嬉しいです!

アトリエmegumi
クリーマのギャラリーはこちらからどうぞ!

インスタグラムでは、「今日はこんな作業してます!」といったタイムリーな発信をしていますのでこちらからどうぞ♪
ぜひフォローもお願いいたします(*^^*)

カテゴリー: 道具・書籍, 未分類 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です