「Clover 仮止めクリップ」追加購入しました♪やっぱりこれが使いやすい!

以前、こちらのクロバー「仮止めクリップ」をご紹介したことがありました。
 過去の記事はこちら→仮止めクリップを購入しました!【クロバー仮止めクリップミニ】

あまりに使いやすいので、同じものをもう一つ追加購入しました(*^▽^*)

10個入れの商品ですが、どうしてもこれでは数が足りず、今まで使っていたクリップも引き続き使用していました。(写真の透明なクリップです)

普段はすべてのクリップをごちゃまぜにして缶に入れて保管しています。
でも、やはり使いやすいのはクロバーの方なので、混ざっている中からクロバーのクリップを選んで取り出して使ってしまいます。
なんだかもう、それが面倒臭くて・・・(^-^;


具体的にクロバーのクリップのどういう点が使いやすいのかといいますと・・・

一番は、パッケージにも書いてありますが、「大きな開口幅」!これにつきます。
10ミリ開くとありますが、今まで使っていた透明な方は7ミリくらいしか開きません。
この3ミリでかなり作業のしやすさが変わります。

2枚の生地を挟むだけなら、気にならないんですけどね。
私が作っている移動ポケットは、ポケット部分が重なるので、6枚とか8枚とか重なりますし、ウエストゴムのベルトとかも挟んだりします。


また、開くときの指の力も軽く開くような気がします。
厚手のものを挟むのに、全開まで開かなくてはいけない時があるので、この少しの違いが使いやすいんですよね~!
外す時にも広げなくてはいけませんしね。
上手く説明できませんが、指でつかんだ時にとても持ちやすい形状なのかもしれません。

透明な方は、両方のつまみが反り返っていて、指に当たって少し痛いんです。

軽く開くといっても、別にずれやすいということもありませんので、手が疲れないのは本当に助かります。



過去の記事の方で「フラットな台座」を活用するには、クリップの上下を気にしなくてはいけない、ということを書きました。
やはり、上下を気にしながら挟むのはとても面倒なので、もう上下は全く気にしないで挟むようになっています(^-^;

「縫い代の目安が測れる目盛り」に関しても、全く使用していません。


せっかくの便利な機能も使いこなしてはいませんが、「大きく開いて」「軽く開ける」というメリットだけで、本当に使いやすいクリップだと思います。

コロナの影響なのか、一時期ネットで探しても売り切れだったものが、ようやく見つかりました。
ぜひ気になった方は検索してみてくださいませ♪
ちなみに、長さが長いタイプもありますが、今回ご紹介したのは「ミニ」のタイプになります。



ミンネとクリーマに移動ポケットを多数出品しています!
ウエストゴムのベルトタイプや、市販のものとはちょっと違うデザインのものを制作しています。
よろしければ下のバナーから作品ページをご覧いただけると嬉しいです(*^▽^*)

ミンネのギャラリーはこちらからどうぞ!
クリーマのギャラリーはこちらからどうぞ!
カテゴリー: 道具・書籍 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です