仮止めクリップを購入しました!【クロバー仮止めクリップミニ】

先日、使用している仮止めクリップがどんどん壊れてきたというお話をしたのですが、とても不便なので早速ネットで購入しました。
クロバーの、「仮止めクリップミニ」という商品です。

クロバー 仮止めクリップミニ

以前使っていたものは透明のものでした。
これはお店で購入する時、他に色付きのものもあったのですが、透明の方がシンプルで好みだったので選びました。カラフルだと目障りかな?と思いまして。

実際使ってみて困ったのは、透明だと目立たないということでした(^-^;

普段、私はこのような缶に、裁縫をする時に頻繁に使う細々としたものを収納しています。クッキーが入っていた缶です(*^_^*)
ふたはひっくり返すと糸くず入れになるのでとても便利です!

裁縫道具収納缶

チャコペン、糸切りばさみ、糸通し、紐通し、針などが入っていて、仮止めクリップもこの缶の中にバラバラっと入れています。
クリップをここから取り出そうとすると、透明なので目立たず、少し探してしまうんですよね。これがなかなか地味にストレスでした。

新しいクリップは色付きなので、目立って探しやすそうです!

他に以前のクリップと変わったところは、クリップの下側がフラットな形になっていることと、縫い代幅の目盛がついていることでしょうか。(5・7・10ミリ)

クロバー仮止めクリップミニ

下側がフラットになっていることに関しては、いいようでもあり、ちょっと面倒でもあるような気がします。

まち針で止める時って、間違って生地の裏側から止めてしまうと、ミシンかけてる最中に抜くことができなくて困ることがありますよね。仕方なく、まち針刺しなおしたりして。
その点、長年クリップで止めていると、生地のどちら側を上にしてミシンするかをあまり気にせずに止めても大丈夫でした。
この新しいクリップの利点を活用するとなると、今度は「生地のどちら側を上にしてミシンするか」を気にしながら挟まなくてはいけないということになりますね。
今まではクリップの裏表もなかったので、そもそも気にもしなかったけど、これからはどうしても「色のついた方を上」として挟むように無意識に頭が考えてしまうので、クリップがひっくり返っていたら戻してから挟むことになるということで。
まあ、実際使ってみたら、フラットであることですごくミシンがかけやすいとかあるかもしれませんしね。
面倒なら、これまで通り、上下を気にしないで挟むのもいいかもしれませんし、間違って挟んでもたいして問題なさそうですしね(^-^;

縫い代幅の目盛りもあんまり見ないかな?と思います。

以前のクリップよりも広く口が開くので、ちょっと挟みやすくなりました♪
使ってみて、何か発見があったらご報告します!

(追記)
やはり、クリップの上下を気にして止めるのがものすごく面倒で、クリップをいちいちひっくり返したりしていられないので、もう気にしないで止めることにしました(^-^;
フラットになっているほうを上にして止めても、何の問題もありません!


ミンネ作品ページはこちら♪ →  https://minne.com/@megu-mi-life
クリーマ作品ページはこちら♪ → https://www.creema.jp/c/megumi/item/onsale

カテゴリー: 道具・書籍 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です